Johnson A Family Company

料理と器の美味しいカンケイ

料理は美味しく作れたのに、見た目が何だか今ひとつ。それはもしかして、器の選び方や盛りつけ方のせいかもしれません。「料理は目で味わう」と言うように、器に形よく盛りつけてこそ料理は初めて完成するもの。いつもの家庭料理もデパ地下のお惣菜も、よりセンスよく美味しそうに仕上げるルールとコツを、料理家の酒匂ひろ子さんのキッチンよりお届けします。
酒匂ひろ子 料理家
フードコーディネーターの資格を取得後、エコール辻・東京校 フランス・イタリア料理マスターカレッジ卒業。自宅教室HIROKO’S KITCHENでは「習ったその日にすぐ作りたくなる!」をテーマに、安全で身近な食材を使い、「作りやすいレシピ」と「カジュアルなおもてなしスタイル」を提案。アイシングクッキー、バースデーケーキの制作販売も人気を博している。

盛り付けと器選びのポイントを押さえて、我が家のおかずをセンスアップ

料理を美味しく見せるポイントは、器の使い方、盛り付けの量、盛り付けの高さの3点。酒匂さんにそのお手本となる三品を用意していただきました。

Point1 余白を生かす

余白を生かす
盛り付けのテクニックとして、見た目の印象を大きく左右するのが皿の余白の使い方。余白が多ければ洗練された雰囲気に、余白が少なければ豪快で親しみやすい印象を演出することができます。たとえば家庭でも手軽に作れるホタテのカルパッチョ。今回はタバスコの効いたペッパーソースとバジルソースをドット状に散らし、おもてなしメニューにもなる一皿に仕上げました。料理は極めてシンプルですが、遊び心が感じられて彩りもキレイ。
「私の教室でも生徒さんによく言うのですが、料理は盛り付けすぎないことが大切。作った料理をすべて盛ろうとせず、まずは器に合った量だけをバランスよく乗せるようにすると失敗が少なくなりますよ」。

Point2 高さを出す

高さを出す
次に気をつけたいのが盛り付けの高さ。のっぺりと平面に盛るのではなく、立体的な高さを出すことで料理がぐっと引き立ちます。濃い藍色の印判皿に盛り付けたのは、酒匂さんお手製のゴロゴロポテトサラダ。「乱切りしたジャガイモをレンジに3分間かけて、混ぜてからさらに3分かけます。フライドオニオンを加え、牛乳、マヨネーズ、マスタードであえてペッパー類を振ったら出来上がりです」。
時間をかけずにさっと作れる簡単レシピですが、盛り付けるとき高さにこだわれば、ボリューム感もよりアップしておしゃれなごちそうサラダに。「仕上げにトッピングを加えると、高さも彩りも出て一石二鳥です。今回は茎の紫色がきれいなスプラウトをこんもり盛って高さを出してみました」。

Point3 器で彩る

器で彩る
料理を美味しく見せるには、器選びも重要なポイント。シンプルな白い皿はどんな料理とも相性が良く、食材の色をより引き立ててくれる使い勝手No.1の器です。でもだからと言って、常に白い皿一辺倒では、やや面白みに欠けるもの。器の色や形にもこだわりを持って、盛り付けのセンスアップを目指しましょう。これは手間ひまかけて作った料理に限らず、市販のお惣菜を使う場合にも実践したいルール。
「市販のレトルトソースを使った簡単パスタも、こんな黒の和皿に盛り付けるだけで手の込んだ一品に見せられます。料理は彩りが大切とよく言われますが、使う器もまた彩りのひとつだということを忘れないでくださいね」。

こちらも試してみたい!豆皿スタイリング

豆皿スタイリング
小ぶりなサイズの豆皿に、おかずやお漬物を少しずつ。これをお盆やプレートの上にたくさん並べるだけで、おしゃれなオードブル風セットが完成します。色や柄の違う豆皿を使うとよりスタイリッシュな雰囲気に。
豆皿スタイリング

食卓を清潔に整える役割は、カビキラーアルコール除菌 食卓用におまかせ!

カビキラー アルコール除菌 食卓用
いよいよ料理の盛り付けも完成。早速テーブルに運んで、出来立ての味をいただきましょう。でもちょっと待って、食事の前の卓上のアルコール除菌はお済みですか? せっかくの自慢の料理も、菌で汚れたテーブルに置かれてしまっては台無し。高濃度※1 アルコールが主成分の「カビキラーアルコール除菌 食卓用」を使って、目には見えない菌をしっかり除菌しておきましょう。使い方はティッシュやキッチンペーパーなどをポンプ上部にプッシュして、液を染み込ませてからサッと拭くだけ。高い除菌力で水拭きでは除去できない菌を99.99%※2 除菌します。成分は100%[食品・食品添加物]原料なので、万一食器にかかったとしても安心。食卓の上に置いたままにできる、シンプルですっきりとしたデザインのボトルも人気です。※1 業務用製品等を除く。 ※2 全て菌にあてはまるわけではありません。

料理と器の美味しいカンケイ

料理は美味しく作れたのに、見た目が何だか今ひとつ。それはもしかして、器の選び方や盛りつけ方のせいかもしれません。「料理は目で味わう」と言うように、器に形よく盛りつけてこそ料理は初めて完成するもの。いつもの家庭料理もデパ地下のお惣菜も、よりセンスよく美味しそうに仕上げるルールとコツを、料理家の酒匂ひろ子さんのキッチンよりお届けします。
フードコーディネーターの資格を取得後、エコール辻・東京校 フランス・イタリア料理マスターカレッジ卒業。自宅教室HIROKO’S KITCHENでは「習ったその日にすぐ作りたくなる!」をテーマに、安全で身近な食材を使い、「作りやすいレシピ」と「カジュアルなおもてなしスタイル」を提案。アイシングクッキー、バースデーケーキの制作販売も人気を博している。

盛り付けと器選びのポイントを押さえて、我が家のおかずをセンスアップ 料理を美味しく見せるポイントは、器の使い方、盛り付けの量、盛り付けの高さの3点。酒匂さんにそのお手本となる三品を用意していただきました。

Point1 余白を生かす

盛り付けのテクニックとして、見た目の印象を大きく左右するのが皿の余白の使い方。余白が多ければ洗練された雰囲気に、余白が少なければ豪快で親しみやすい印象を演出することができます。たとえば家庭でも手軽に作れるホタテのカルパッチョ。今回はタバスコの効いたペッパーソースとバジルソースをドット状に散らし、おもてなしメニューにもなる一皿に仕上げました。料理は極めてシンプルですが、遊び心が感じられて彩りもキレイ。
「私の教室でも生徒さんによく言うのですが、料理は盛り付けすぎないことが大切。作った料理をすべて盛ろうとせず、まずは器に合った量だけをバランスよく乗せるようにすると失敗が少なくなりますよ」。

Point2 高さを出す

次に気をつけたいのが盛り付けの高さ。のっぺりと平面に盛るのではなく、立体的な高さを出すことで料理がぐっと引き立ちます。濃い藍色の印判皿に盛り付けたのは、酒匂さんお手製のゴロゴロポテトサラダ。「乱切りしたジャガイモをレンジに3分間かけて、混ぜてからさらに3分かけます。フライドオニオンを加え、牛乳、マヨネーズ、マスタードであえてペッパー類を振ったら出来上がりです」。
時間をかけずにさっと作れる簡単レシピですが、盛り付けるとき高さにこだわれば、ボリューム感もよりアップしておしゃれなごちそうサラダに。「仕上げにトッピングを加えると、高さも彩りも出て一石二鳥です。今回は茎の紫色がきれいなスプラウトをこんもり盛って高さを出してみました」。

Point3 器で彩る

料理を美味しく見せるには、器選びも重要なポイント。シンプルな白い皿はどんな料理とも相性が良く、食材の色をより引き立ててくれる使い勝手No.1の器です。でもだからと言って、常に白い皿一辺倒では、やや面白みに欠けるもの。器の色や形にもこだわりを持って、盛り付けのセンスアップを目指しましょう。これは手間ひまかけて作った料理に限らず、市販のお惣菜を使う場合にも実践したいルール。
「市販のレトルトソースを使った簡単パスタも、こんな黒の和皿に盛り付けるだけで手の込んだ一品に見せられます。料理は彩りが大切とよく言われますが、使う器もまた彩りのひとつだということを忘れないでくださいね」。

こちらも試してみたい!豆皿スタイリング

小ぶりなサイズの豆皿に、おかずやお漬物を少しずつ。これをお盆やプレートの上にたくさん並べるだけで、おしゃれなオードブル風セットが完成します。色や柄の違う豆皿を使うとよりスタイリッシュな雰囲気に。

食卓を清潔に整える役割は、カビキラーアルコール除菌 食卓用におまかせ!

カビキラー アルコール除菌 食卓用
いよいよ料理の盛り付けも完成。早速テーブルに運んで、出来立ての味をいただきましょう。でもちょっと待って、食事の前の卓上のアルコール除菌はお済みですか? せっかくの自慢の料理も、菌で汚れたテーブルに置かれてしまっては台無し。高濃度※1 アルコールが主成分の「カビキラーアルコール除菌 食卓用」を使って、目には見えない菌をしっかり除菌しておきましょう。使い方はティッシュやキッチンペーパーなどをポンプ上部にプッシュして、液を染み込ませてからサッと拭くだけ。高い除菌力で水拭きでは除去できない菌を99.99%※2 除菌します。成分は100%[食品・食品添加物]原料なので、万一食器にかかったとしても安心。食卓の上に置いたままにできる、シンプルですっきりとしたデザインのボトルも人気です。※1 業務用製品等を除く。 ※2 全て菌にあてはまるわけではありません。

【こちらの記事もオススメ】

ページの先頭へ