Johnson A Family Company

洗濯機を長持ちさせる方法

晴れの日も雨の日も、毎日欠かせない洗濯。それだけに我が家の洗濯機が突然動かなくなってしまったら、思わず途方に暮れてしまいますよね。でも洗濯機にも寿命はあるし、もしかしたら壊れる兆候やサインを見逃していただけかもしれません。ここでは洗濯機の寿命にまつわる話と共に、長持ちさせる工夫をご紹介します。

洗濯機の平均寿命はどれくらい?

6〜7年程度
同じ洗濯機を10年以上使っているというお宅も少なくありませんが、洗濯機の寿命の目安は6〜7年程度。思ったより短い印象ですよね。洗濯機の各メーカーは設計上の標準使用時間を設定しており、この数字が指すのは洗濯機を安全に使用できる期間のこと。各家庭によって洗濯物の量など使う環境が違うため一概には言えませんが、6〜7年を過ぎると徐々に不具合が出始め、故障をしてもメーカーの部品の保有期間が過ぎているため修理ができなくなる場合が多いようです。いざ壊れたときに慌てないよう、洗濯機の買い替えを考える目安としてこの平均寿命を頭に入れておくと良いでしょう。

洗濯機の寿命に点滅ランプ?その症状やサインはこれ!

洗濯機の寿命が近づいてくると、さまざまな不具合が出てきます。安全に使うためにも、その症状やサインを見逃さないことが大切です。

洗濯機を長持ちさせる方法はコレ

安くない買い物だけに、できるだけ長持ちさせたい洗濯機。経年劣化は避けられなくても、使い方の工夫でその寿命を延ばすことができます。日ごろの使い方やお手入れを見直しましょう。
Check sheet for washing machine.
Let's check this out!
  • 洗濯物は適量で回す 洗濯機は使う回数が増えるほど寿命に近づきます。だからといって洗濯物をたくさん溜めて回数を減らすのはNG。きちんと容量を守らないと洗濯機に負荷がかかり劣化の原因に。洗濯物は槽の8割以下に抑えましょう。
  • 洗剤を入れすぎない 洗剤の適量は洗濯物の量と水量で決まっており、それ以上の量を使っても汚れ落ちには関係ありません。かえって洗剤が残って肌によくないばかりか、洗濯機の故障の原因にもなりかねません。
  • 使わないときは元栓を閉める 元栓を開いたままにしていると、洗濯機やホースに常に水の圧力がかかったままになってしまいます。これは洗濯機にとって大きな負担。最後には元栓を閉めることを忘れずに。
  • 日ごろのお手入れをしっかりと 洗濯機を長持ちさせるポイントは、何と言っても日ごろのお手入れ。フィルターの中でも糸くずフィルターは排水不能、乾燥フィルターは乾燥不能の原因になるのでこまめにキレイにしておきたい場所。週に1回のお手入れが理想的です。そして最も重要なのが、洗濯槽を掃除すること。洗濯槽の裏側は、目に見えなくても洗濯したときに落ちた汚れや石けんカスが溜まっています。これらが栄養源になって“洗濯槽カビ”が発生する前に、1〜2ヵ月に一度は洗濯槽の掃除を習慣づけましょう。

洗濯槽の洗浄と除菌は、カビ胞子除去率99.9%※ の「洗たく槽カビキラー」におまかせ!

洗濯機を長持ちさせる秘訣の1つは、定期的な洗濯槽のお手入れ。「洗たく槽カビキラー」なら手の届かない洗濯槽裏のカビや雑菌を強力に洗浄。隅々まで汚れを落とし、イヤなニオイの原因にもなる雑菌をしっかり除菌し消臭します。※衛生微生物研究センター実施
「洗たく槽カビキラー」は選べる2タイプ
ドラム式洗濯機にも使える!洗たく槽カビキラー(塩素系)塩素の力で洗濯槽カビを強力に分解。洗浄後はカビの浮遊物などのカスが残らず、すっきりキレイに。つけおきの必要がなく手軽に使えます。
  • 価格をチェックする
  • 詳しい製品情報へ
アクティブ酸素で落とす洗たく槽カビキラー(非塩素系)塩素のニオイが気になる方には、こちらもおススメ! 塩素成分を使わないパウダータイプで、アクティブ酸素の働きで洗濯槽カビを剥がし取ります。
  • 価格をチェックする
  • 詳しい製品情報へ

洗濯機を長持ちさせる方法

晴れの日も雨の日も、毎日欠かせない洗濯。それだけに我が家の洗濯機が突然動かなくなってしまったら、思わず途方に暮れてしまいますよね。でも洗濯機にも寿命はあるし、もしかしたら壊れる兆候やサインを見逃していただけかもしれません。ここでは洗濯機の寿命にまつわる話と共に、長持ちさせる工夫をご紹介します。

洗濯機の平均寿命はどれくらい?

6〜7年程度
同じ洗濯機を10年以上使っているというお宅も少なくありませんが、洗濯機の寿命の目安は6〜7年程度。思ったより短い印象ですよね。洗濯機の各メーカーは設計上の標準使用時間を設定しており、この数字が指すのは洗濯機を安全に使用できる期間のこと。各家庭によって洗濯物の量など使う環境が違うため一概には言えませんが、6〜7年を過ぎると徐々に不具合が出始め、故障をしてもメーカーの部品の保有期間が過ぎているため修理ができなくなる場合が多いようです。いざ壊れたときに慌てないよう、洗濯機の買い替えを考える目安としてこの平均寿命を頭に入れておくと良いでしょう。

洗濯機の寿命に点滅ランプ?その症状やサインはこれ!

洗濯機の寿命が近づいてくると、さまざまな不具合が出てきます。安全に使うためにも、その症状やサインを見逃さないことが大切です。

洗濯機を長持ちさせる方法はコレ

安くない買い物だけに、できるだけ長持ちさせたい洗濯機。経年劣化は避けられなくても、使い方の工夫でその寿命を延ばすことができます。日ごろの使い方やお手入れを見直しましょう。
Check sheet for washing machine.
Let's check this out!
  • 洗濯物は適量で回す 洗濯機は使う回数が増えるほど寿命に近づきます。だからといって洗濯物をたくさん溜めて回数を減らすのはNG。きちんと容量を守らないと洗濯機に負荷がかかり劣化の原因に。洗濯物は槽の8割以下に抑えましょう。
  • 洗剤を入れすぎない 洗剤の適量は洗濯物の量と水量で決まっており、それ以上の量を使っても汚れ落ちには関係ありません。かえって洗剤が残って肌によくないばかりか、洗濯機の故障の原因にもなりかねません。
  • 使わないときは元栓を閉める 元栓を開いたままにしていると、洗濯機やホースに常に水の圧力がかかったままになってしまいます。これは洗濯機にとって大きな負担。最後には元栓を閉めることを忘れずに。
  • 日ごろのお手入れをしっかりと 洗濯機を長持ちさせるポイントは、何と言っても日ごろのお手入れ。フィルターの中でも糸くずフィルターは排水不能、乾燥フィルターは乾燥不能の原因になるのでこまめにキレイにしておきたい場所。週に1回のお手入れが理想的です。そして最も重要なのが、洗濯槽を掃除すること。洗濯槽の裏側は、目に見えなくても洗濯したときに落ちた汚れや石けんカスが溜まっています。これらが栄養源になって“洗濯槽カビ”が発生する前に、1〜2ヵ月に一度は洗濯槽の掃除を習慣づけましょう。

洗濯槽の洗浄と除菌は、カビ胞子除去率99.9%※ の「洗たく槽カビキラー」におまかせ!

洗濯機を長持ちさせる秘訣の1つは、定期的な洗濯槽のお手入れ。「洗たく槽カビキラー」なら手の届かない洗濯槽裏のカビや雑菌を強力に洗浄。隅々まで汚れを落とし、イヤなニオイの原因にもなる雑菌をしっかり除菌し消臭します。※衛生微生物研究センター実施
「洗たく槽カビキラー」は選べる2タイプ
ドラム式洗濯機にも使える!洗たく槽カビキラー(塩素系)塩素の力で洗濯槽カビを強力に分解。洗浄後はカビの浮遊物などのカスが残らず、すっきりキレイに。つけおきの必要がなく手軽に使えます。
  • 価格をチェックする
  • 詳しい製品情報へ
アクティブ酸素で落とす洗たく槽カビキラー(非塩素系)塩素のニオイが気になる方には、こちらもおススメ! 塩素成分を使わないパウダータイプで、アクティブ酸素の働きで洗濯槽カビを剥がし取ります。
  • 価格をチェックする
  • 詳しい製品情報へ

【こちらの記事もオススメ】

ページの先頭へ