Johnson A Family Company

新生活をより豊かに!上手な時間の使い方

美的生活のススメ
期待に胸ふくらむ新生活シーズン。その一方、慣れない仕事や環境にとまどい、思っていたような時間の使い方ができない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は時間を効率よく使うためのヒントをご紹介。時間とのつきあい方を見直して、日々の生活をより充実させていきましょう。

時間に追われる毎日を見直してみませんか

新生活は何かと慌ただしく、時間がいくらあっても足りないもの。それなのに思ったように仕事や作業が進まず、時間だけが無駄にすぎてしまうことって多々ありますよね。そんなときに取り入れたいのが、限られた時間を効率的に使って集中力と生産性を上げる「タイムボックス」という考え方です。「タイムボックス」とはそもそも、システムやソフトウエア開発の生産性を上げるための手法として米国のIT業界から広がった概念。それが仕事の場面だけでなく、普段の暮らしの中にも応用できるとして注目を集めています。

時間のコントロール方法「タイムボックス」って何?

「タイムボックス」とは、ひとつの作業にかける時間にあらかじめ制限を設けるという考え方。たとえその作業が終わらなくても、制限時間が来たらいったん切り上げて終了させ、次の作業に移るという時間の管理方法です。たとえば語学の勉強なら1日1時間と決め、開始から1時間経ったらすっぱりやめる。部屋の片付けや掃除も、10分と設定したら完璧にできなくても途中でいったん切り上げます。このように日常生活の中でそれぞれの作業に制限時間を設けると、ダラダラと続けて時間を無駄にすることが無くなり、自然と集中力と生産性がアップ。SNSやゲームなど、つい長くなりがちな時間の削減にも効果的です。

「タイムボックス」はこうして使う!

チェックリストを作る 平日と休日に分けて一日にすること、やりたいことのリストを作成。朝食、外出の支度、通勤、仕事、買い物、料理など付箋に書き上げて並べると、スケジュールの移動も削除もしやすくて便利。
制限時間を決める 一つの作業に必要な時間は作業量や内容によって変わるもの。自分にとって最適な時間を探していきましょう。片付けや掃除なら5分から15分程度、初めは集中力がとぎれないよう短めに設定するのがおススメ。
タイマーを使う 制限時間を予定通り守るためにタイマーを使いましょう。アラームを設定しておけばうっかり超過することもなく、ひたすら作業に集中できます。
時短を心掛ける 制限時間を設定しても、すべての作業が中途半端になってしまっては意味がありません。時間内で効率よく作業ができるように「時短」を意識することも大切。家事や掃除は便利な時短グッズを活用するのもポイントです。

毎日の家事も制限時間を設けてやる気をアップ。

トイレ掃除のタイムボックスを決めたら、スクラビングバブル 流せるトイレブラシでラクラクお掃除!
スクラビングバブル 流せるトイレブラシ
いつもきれいに清潔にしておきたいトイレ。マメな掃除を習慣化するためには、トイレ掃除にもタイムボックスを使うのがおすすめです。たとえば設定時間は5分間と少し短めに。たった5分と決めてしまえば、忙しい時間帯にも無理なくこなせる気がしませんか。そこで活躍するのが時短の神器「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ」。ワンタッチで着脱できる濃縮洗剤付きブラシはこするだけで強力な洗浄力を発揮し、便器のフチ裏までささっとラクラクお掃除できます。しかもお掃除後のブラシはそのままトイレに流せるので、ブラシの水切りにより雑菌を飛び散らす心配もありません。ピカピカになったところで仕上げに「スクラビングバブル トイレスタンプ」をポン! 1回スタンプするだけで約12日間※ 便器内のキレイが続き、掃除回数を減らすことができて便利です。

新生活をより豊かに!上手な時間の使い方

期待に胸ふくらむ新生活シーズン。その一方、慣れない仕事や環境にとまどい、思っていたような時間の使い方ができない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は時間を効率よく使うためのヒントをご紹介。時間とのつきあい方を見直して、日々の生活をより充実させていきましょう。

時間に追われる毎日を見直してみませんか

新生活は何かと慌ただしく、時間がいくらあっても足りないもの。それなのに思ったように仕事や作業が進まず、時間だけが無駄にすぎてしまうことって多々ありますよね。そんなときに取り入れたいのが、限られた時間を効率的に使って集中力と生産性を上げる「タイムボックス」という考え方です。「タイムボックス」とはそもそも、システムやソフトウエア開発の生産性を上げるための手法として米国のIT業界から広がった概念。それが仕事の場面だけでなく、普段の暮らしの中にも応用できるとして注目を集めています。

時間のコントロール方法「タイムボックス」って何?

「タイムボックス」とは、ひとつの作業にかける時間にあらかじめ制限を設けるという考え方。たとえその作業が終わらなくても、制限時間が来たらいったん切り上げて終了させ、次の作業に移るという時間の管理方法です。たとえば語学の勉強なら1日1時間と決め、開始から1時間経ったらすっぱりやめる。部屋の片付けや掃除も、10分と設定したら完璧にできなくても途中でいったん切り上げます。このように日常生活の中でそれぞれの作業に制限時間を設けると、ダラダラと続けて時間を無駄にすることが無くなり、自然と集中力と生産性がアップ。SNSやゲームなど、つい長くなりがちな時間の削減にも効果的です。

「タイムボックス」はこうして使う!

チェックリストを作る 平日と休日に分けて一日にすること、やりたいことのリストを作成。朝食、外出の支度、通勤、仕事、買い物、料理など付箋に書き上げて並べると、スケジュールの移動も削除もしやすくて便利。
制限時間を決める 一つの作業に必要な時間は作業量や内容によって変わるもの。自分にとって最適な時間を探していきましょう。片付けや掃除なら5分から15分程度、初めは集中力がとぎれないよう短めに設定するのがおススメ。
タイマーを使う 制限時間を予定通り守るためにタイマーを使いましょう。アラームを設定しておけばうっかり超過することもなく、ひたすら作業に集中できます。
時短を心掛ける 制限時間を設定しても、すべての作業が中途半端になってしまっては意味がありません。時間内で効率よく作業ができるように「時短」を意識することも大切。家事や掃除は便利な時短グッズを活用するのもポイントです。

毎日の家事も制限時間を設けてやる気をアップ。

トイレ掃除のタイムボックスを決めたら、スクラビングバブル 流せるトイレブラシでラクラクお掃除!
スクラビングバブル 流せるトイレブラシ
いつもきれいに清潔にしておきたいトイレ。マメな掃除を習慣化するためには、トイレ掃除にもタイムボックスを使うのがおすすめです。たとえば設定時間は5分間と少し短めに。たった5分と決めてしまえば、忙しい時間帯にも無理なくこなせる気がしませんか。そこで活躍するのが時短の神器「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ」。ワンタッチで着脱できる濃縮洗剤付きブラシはこするだけで強力な洗浄力を発揮し、便器のフチ裏までささっとラクラクお掃除できます。しかもお掃除後のブラシはそのままトイレに流せるので、ブラシの水切りにより雑菌を飛び散らす心配もありません。ピカピカになったところで仕上げに「スクラビングバブル トイレスタンプ」をポン! 1回スタンプするだけで約12日間※ 便器内のキレイが続き、掃除回数を減らすことができて便利です。

【こちらの記事もオススメ】

ページの先頭へ

消臭センサー&スプレー カートリッジ付き本体 円筒形

I LOVE YOU ロマンティックフローラル

I LOVE YOU ロマンティックフローラル

消臭センサー&スプレー つけかえ用カートリッジ1本入り

I LOVE YOU ロマンティックフローラル

I LOVE YOU ロマンティックフローラル

消臭センサー&スプレー つけかえ用カートリッジ2本入り

I LOVE YOU ロマンティックフローラル

I LOVE YOU ロマンティックフローラル