Johnson A Family Company

美的生活のススメ

おうちで淹れる至福の一杯 ほっとひと息コーヒータイム

おうちで過ごす時間が増える中、今あらためてコーヒー人気が高まっています。仕事や家事の合間に、香り高い一杯でブレイクタイム。今回はおうちカフェを楽しむ際にちょっと役立つ、コーヒーのトレンド事情をお届けします。

コーヒーの新豆“ニュークロップ”を味わう

お米に新米、茶葉に新茶があるように、コーヒーにも新豆の季節があるのをご存知ですか?当年度の新豆は“ニュークロップ”と呼ばれ、昨年の10月1日から今年の9月末までに収穫されたもの。北半球の産地では10月〜3月、南半球の産地では4月〜9月、一年に一度収穫された豆がさまざまな工程を経て出荷されます。そのため日本に届くのは収穫後3ヵ月から半年後になり、私たちがニュークロップのコーヒーを味わえるのは、北半球の産地は春〜夏、北半球の産地は秋〜冬となるそうです。そのお味はというと、新豆だけにフレッシュでみずみずしく、酸味にキレがあるのが特長。コーヒー店で「ニュークロップ入荷!」の張紙を見かけたら、ぜひ旬の味を試してみてはいかがでしょう。

自分好みのコーヒー豆を選ぶヒント

自分のために本当に美味しい一杯を淹れるためには、自分好みの味を知ることが近道。でもコーヒー豆は種類も産地もたくさんあり、どうやって選んでいいのか分からない方も多いはず。そこでおすすめしたいのが焙煎方法による選び方です。実はコーヒーの味わいは焙煎で決まるとも言われ、焙煎によって酸味・苦み・コクが大きく変化します。深みとコクのある味と香りが好みなら「深煎り」、酸味と苦みのバランスの良さを楽しみたいなら「中煎り」、酸味のあるすっきりした味わいが好きなら「浅煎り」と、まずは自分好みのロースト(焙煎)を知ることから始めてみましょう。自分好みの一杯へと近づく一歩となるはずです。
焙煎方法は8段階

アジア発!コーヒーのニューウェーブ

ここ最近コーヒー好きのハートを掴んでいるのがアジア発のコーヒー。その筆頭となるのが韓国で生まれた「ダルゴナコーヒー」です。 韓国の砂糖菓子ダルゴナ(カルメ焼き)から名前の付いたドリンクの正体は、ミルクの上にしっかり泡立てたコーヒーを乗せたもの。 インスタントコーヒーを使って手軽に作れるため、おうちで自家製ダルゴナコーヒーを楽しめるのも魅力のようです。 その他、フランスの統治時代からカフェ文化が根付くベトナムで生まれた「エッグコーヒー」も、世界中でじわじわと人気を拡大中。 苦みの強いコーヒーの上に、砂糖と練乳、卵黄を合わせた濃厚なクリームを乗せた現地では定番の飲み物ですが、スイーツ感覚で楽しめるコーヒーとして注目を集めています。
Dalgona coffee、Egg coffee
おうち時間が増えたらお部屋のニオイ対策もひと工夫!

グレード 消臭センサー&スプレー リフレッシュスプリング

家で過ごす時間が長くなると、ふと気になるお部屋のニオイ。コーヒーを楽しむ癒しの時間も、お部屋の中にイヤなニオイがこもっていたら、これでは気分も台無しです。「グレード 消臭センサー&スプレー リフレッシュスプリング」なら、日本のグレードセンサー&スプレー処方史上最強の消臭効果を発揮。いつの間にかお部屋に付いてしまうペットや食べ物などのニオイを、分子レベルでしっかり消臭します。エッセンシャルオイルを配合した爽やかな香りも楽しめ、より快適な空間を演出します。
グレード 消臭センサー&スプレー リフレッシュスプリング
美的生活のススメ

おうちで淹れる至福の一杯 ほっとひと息コーヒータイム

おうちで過ごす時間が増える中、今あらためてコーヒー人気が高まっています。仕事や家事の合間に、香り高い一杯でブレイクタイム。今回はおうちカフェを楽しむ際にちょっと役立つ、コーヒーのトレンド事情をお届けします。

コーヒーの新豆“ニュークロップ”を味わう

お米に新米、茶葉に新茶があるように、コーヒーにも新豆の季節があるのをご存知ですか?当年度の新豆は“ニュークロップ”と呼ばれ、昨年の10月1日から今年の9月末までに収穫されたもの。北半球の産地では10月〜3月、南半球の産地では4月〜9月、一年に一度収穫された豆がさまざまな工程を経て出荷されます。そのため日本に届くのは収穫後3ヵ月から半年後になり、私たちがニュークロップのコーヒーを味わえるのは、北半球の産地は春〜夏、北半球の産地は秋〜冬となるそうです。そのお味はというと、新豆だけにフレッシュでみずみずしく、酸味にキレがあるのが特長。コーヒー店で「ニュークロップ入荷!」の張紙を見かけたら、ぜひ旬の味を試してみてはいかがでしょう。

自分好みのコーヒー豆を選ぶヒント

自分のために本当に美味しい一杯を淹れるためには、自分好みの味を知ることが近道。でもコーヒー豆は種類も産地もたくさんあり、どうやって選んでいいのか分からない方も多いはず。そこでおすすめしたいのが焙煎方法による選び方です。実はコーヒーの味わいは焙煎で決まるとも言われ、焙煎によって酸味・苦み・コクが大きく変化します。深みとコクのある味と香りが好みなら「深煎り」、酸味と苦みのバランスの良さを楽しみたいなら「中煎り」、酸味のあるすっきりした味わいが好きなら「浅煎り」と、まずは自分好みのロースト(焙煎)を知ることから始めてみましょう。自分好みの一杯へと近づく一歩となるはずです。
焙煎方法は8段階

アジア発!コーヒーのニューウェーブ

ここ最近コーヒー好きのハートを掴んでいるのがアジア発のコーヒー。その筆頭となるのが韓国で生まれた「ダルゴナコーヒー」です。 韓国の砂糖菓子ダルゴナ(カルメ焼き)から名前の付いたドリンクの正体は、ミルクの上にしっかり泡立てたコーヒーを乗せたもの。 インスタントコーヒーを使って手軽に作れるため、おうちで自家製ダルゴナコーヒーを楽しめるのも魅力のようです。 その他、フランスの統治時代からカフェ文化が根付くベトナムで生まれた「エッグコーヒー」も、世界中でじわじわと人気を拡大中。 苦みの強いコーヒーの上に、砂糖と練乳、卵黄を合わせた濃厚なクリームを乗せた現地では定番の飲み物ですが、スイーツ感覚で楽しめるコーヒーとして注目を集めています。
Dalgona coffee、Egg coffee

グレード 消臭センサー&スプレー リフレッシュスプリング

家で過ごす時間が長くなると、ふと気になるお部屋のニオイ。コーヒーを楽しむ癒しの時間も、お部屋の中にイヤなニオイがこもっていたら、これでは気分も台無しです。「グレード 消臭センサー&スプレー リフレッシュスプリング」なら、日本のグレードセンサー&スプレー処方史上最強の消臭効果を発揮。いつの間にかお部屋に付いてしまうペットや食べ物などのニオイを、分子レベルでしっかり消臭します。エッセンシャルオイルを配合した爽やかな香りも楽しめ、より快適な空間を演出します。

【こちらの記事もオススメ】

ページの先頭へ