Johnson A Family Company

スマホ世代の体調セルフケア

パソコン、携帯電話、スマートフォン(以下スマホ)にタブレット。昼夜を問わずこれらの画面を覗き込み、首を下に曲げた姿勢で過ごすことが多い私たち。気づくと首や肩のこりがどんどんひどくなり、ときには頭痛や腰痛に悩まされていませんか。そんなスマホ世代にありがちな体調不良から抜け出すために、手軽にできるセルフケアをお届けします。

スマホを使う姿勢と体調不調は関係あり?

電車やバスでの移動中やちょっとした待ち時間など、少しでも空いた時間があるとつい手が伸びてしまうスマホ。スマホを使う時間が長くなるほど、首や肩こりなどの体調不良を訴える人が増えています。その理由は、スマホの利用時に無意識にとってしまううつむきがちの前傾姿勢。この姿勢だと本来カーブを描いている首の頸椎がまっすぐ伸びてしまい、頭部を支える首に大きな負荷がかかります。すると筋肉が過剰に緊張し、首の痛みや肩こりの原因に。血流が滞るため疲れやすくなり、頭痛や腰痛、手や腕のしびれ、目がかすむといった諸症状にもつながります。

今、猫背になっていませんか?あなたのスマホ姿勢をチェック!

Check!
悪い持ち方正しい持ち方

普段の暮らしで改善!今日から試してみたいセルフケア

長時間のスマホ使用の他にも、肩こりの原因はいろいろあります。同じ姿勢でいる時間が長い、目を使う作業が多い、運動をしない、冷えやすい、ストレスが多いなどなど。慢性的に肩こりになやまされているなら、まずは生活習慣を見直すことも必要です。ここでは手軽にできるセルフケアをご紹介します。

ストレッチ

首や肩のストレッチ方法はたくさんありますが、大切なのは筋肉の緊張を緩めてあげること。長時間同じ姿勢を続けないように気をつけ、意識して肩や腕を前後に大きく回すなど、体をほぐすことを心がけましょう。

  • 首をゆっくり前後左右に曲げる
  • 肩をすくめる
  • 肩を前後に動かす
  • 両腕を前後に伸ばす
ストレッチStretch

深く呼吸する

肩こり対策に取り入れたいのが深呼吸。深く呼吸することで自然と鎖骨が動き、体幹がほぐされ肩がラクになります。息を吐くときに副交感神経が刺激されるので、吸うときよりも吐くときにゆっくり時間をかけるのがポイント。腹筋や胸の筋肉が大きく動くように意識して。

深く呼吸するDeep breathing

食事にもひと工夫

血行不良を防ぐためには体を冷やさないこと。
体を内側から温める食材を積極的に口にするとよいでしょう。

体を温める主な食べ物

もち米、黒砂糖、ごま脂、栗、くるみ、
納豆、あじ、さば、鶏肉、チーズ、
玉ねぎ、にら、しょうが、にんにく、
ねぎ、かぼちゃなどの根菜など

食事にもひと工夫Warm foods

お風呂に入る

体のこりをほぐすには体を温めるのが効果的。38〜40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かると、温熱効果で血流が促され、こり固まった筋肉がほぐれて疲れも和らぎ一石二鳥。就寝の一時間くらい前に入浴すると眠りにつきやすくなり、快眠にもつながります。

お風呂に入る

体を芯から温め、気持ちも癒すバスタイム。

無香料なのに強力効果の「スクラビングバブル バスフリー」なら、
毎日のお風呂掃除もストレスフリー!

日ごろの体調を整える方法として、おおいに活用したいバスタイム。そのためにも毎日のお風呂掃除は、なるべくストレスを感じることなくしっかりすませたいものですね。ただ香りに敏感な人の中には「クリーナーのフレグランスがどうも合わなくて…」という方も多いはず。そこでこの秋登場したのが、香りに敏感な人も香りを気にせず使えるクリーナー「スクラビングバブル バスフリー」です。無香料・無着色・刺激臭がないのに強力な効果を発揮し、溜まりやすい石鹸カスも99.9%除去。清潔感漂う透明ボトル入りでお風呂掃除をサポートします。

※米国CSPAテスト準拠

スマホ世代の体調セルフケア

パソコン、携帯電話、スマートフォン(以下スマホ)にタブレット。昼夜を問わずこれらの画面を覗き込み、首を下に曲げた姿勢で過ごすことが多い私たち。気づくと首や肩のこりがどんどんひどくなり、ときには頭痛や腰痛に悩まされていませんか。そんなスマホ世代にありがちな体調不良から抜け出すために、手軽にできるセルフケアをお届けします。

スマホを使う姿勢と体調不調は関係あり?

電車やバスでの移動中やちょっとした待ち時間など、少しでも空いた時間があるとつい手が伸びてしまうスマホ。スマホを使う時間が長くなるほど、首や肩こりなどの体調不良を訴える人が増えています。その理由は、スマホの利用時に無意識にとってしまううつむきがちの前傾姿勢。この姿勢だと本来カーブを描いている首の頸椎がまっすぐ伸びてしまい、頭部を支える首に大きな負荷がかかります。すると筋肉が過剰に緊張し、首の痛みや肩こりの原因に。血流が滞るため疲れやすくなり、頭痛や腰痛、手や腕のしびれ、目がかすむといった諸症状にもつながります。

今、猫背になっていませんか?あなたのスマホ姿勢をチェック!

Check!
悪い持ち方正しい持ち方

普段の暮らしで改善!今日から試してみたいセルフケア

長時間のスマホ使用の他にも、肩こりの原因はいろいろあります。同じ姿勢でいる時間が長い、目を使う作業が多い、運動をしない、冷えやすい、ストレスが多いなどなど。慢性的に肩こりになやまされているなら、まずは生活習慣を見直すことも必要です。ここでは手軽にできるセルフケアをご紹介します。

ストレッチ

首や肩のストレッチ方法はたくさんありますが、大切なのは筋肉の緊張を緩めてあげること。長時間同じ姿勢を続けないように気をつけ、意識して肩や腕を前後に大きく回すなど、体をほぐすことを心がけましょう。

  • 首をゆっくり前後左右に曲げる
  • 肩をすくめる
  • 肩を前後に動かす
  • 両腕を前後に伸ばす
ストレッチ

深く呼吸する

肩こり対策に取り入れたいのが深呼吸。深く呼吸することで自然と鎖骨が動き、体幹がほぐされ肩がラクになります。息を吐くときに副交感神経が刺激されるので、吸うときよりも吐くときにゆっくり時間をかけるのがポイント。腹筋や胸の筋肉が大きく動くように意識して。

深く呼吸する

食事にもひと工夫

血行不良を防ぐためには体を冷やさないこと。体を内側から温める食材を積極的に口にするとよいでしょう。

体を温める主な食べ物

もち米、黒砂糖、ごま脂、栗、くるみ、
納豆、あじ、さば、鶏肉、チーズ、
玉ねぎ、にら、しょうが、にんにく、
ねぎ、かぼちゃなどの根菜など

食事にもひと工夫

お風呂に入る

体のこりをほぐすには体を温めるのが効果的。38〜40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かると、温熱効果で血流が促され、こり固まった筋肉がほぐれて疲れも和らぎ一石二鳥。就寝の一時間くらい前に入浴すると眠りにつきやすくなり、快眠にもつながります。

お風呂に入る

体を芯から温め、気持ちも癒すバスタイム。

無香料なのに強力効果
「スクラビングバブル バスフリー」なら、
毎日のお風呂掃除もストレスフリー!

日ごろの体調を整える方法として、おおいに活用したいバスタイム。そのためにも毎日のお風呂掃除は、なるべくストレスを感じることなくしっかりすませたいものですね。ただ香りに敏感な人の中には「クリーナーのフレグランスがどうも合わなくて…」という方も多いはず。そこでこの秋登場したのが、香りに敏感な人も香りを気にせず使えるクリーナー「スクラビングバブル バスフリー」です。無香料・無着色・刺激臭がないのに強力な効果を発揮し、溜まりやすい石鹸カスも99.9%除去。清潔感漂う透明ボトル入りでお風呂掃除をサポートします。

※米国CSPAテスト準拠

【こちらの記事もオススメ】

ページの先頭へ