Johnson A Family Company

美的生活のススメ

おうちでハッピークリスマス

おうちでハッピークリスマス
クリスマス気分を一気に盛り上げてくれるクリスマスツリー。でもおうちの中にツリーをどーんと置くのは場所をとるし、大げさな飾り付けは我が家の雰囲気にそぐわない。そんな思いを持つ方のために、今回はDIYクリスマスツリーのアイデアをご紹介します。
インテリアスタイリスト 村上 直子 整理収納アドバイザー1級。整理収納のナビゲーターとして住まいの悩みをコンサルティングする傍ら、すっきりとして美しい“魅せる収納”を雑誌等で提案。自宅での「お家サロン」も定期的に開催している。

手作りツリーから準備スタート!

12月に入ったら気分はもうクリスマス。おうちの中もクリスマスの飾り付けを少しずつ始めて、ムードを盛り上げていきましょう。そこでまず準備したいのがクリスマスツリー!市販のツリーも良いけれど、自分らしいセンスを加えて手作りしたものはもっと素敵。ここではぜひ参考にしたい、インテリアスタイリスト村上直子さんによるアレンジをお届けします。

大人っぽくも可愛らしくも自由に アレンジ枝ツリー

手作りツリーの中でも人気の高いのが枝ツリー。公園や街路樹の下、庭で拾った木の枝があれば、簡単にナチュラルテイストのクリスマスツリーが作れます。枝は細すぎず太すぎず、1本で先が幾つも枝分かれしているものを選ぶのがポイント。持ち帰ったら良く洗い、しっかり乾かしてから使いましょう。あとはバランスを見ながら、お気に入りのオーナメントを飾り付けるだけ。「今回は自然な枝ぶりを生かしながら、あまり多くの色を使わずシックなイメージで構成してみました。横に人形などのクリスマス小物を一緒に飾ると、より雰囲気が出るのでおすすめです」。

オーナメントを吊るせばツリーに変身 ラダーシェルフ

村上さんが日頃から、インテリア小物として愛用しているラダーシェルフ。その形状と木目を生かして、ツリー風の飾り付けを施してみました。こちらのオーナメントは、枝ツリーに使ったものより重さとボリューム感のあるものが中心。バランスを見ながら高低差をつけて飾り付けるのがポイントです。「脚元には白いムートンを敷いて、雪のイメージとウォーム感を加えてみました」。廊下や玄関先などどこにでも飾れ、スペースをとらないのも魅力です。

壁を使って描くようにデコレーション ウォールツリー

ツリーを置く場所に困るときは、壁面を活用するのもひとつのアイデア。オーナメントやマスキングテープ、ポストカードなどを壁に貼り付け、もみの木のフォルムを象るだけでOK。サイズも自在、身長ほどの大きなクリスマスツリーも作れます。村上さんは今回、今年家族の一員となった愛猫ココちゃんの写真を使用。眺めるたびにその可愛さに心癒される、世界にひとつだけのツリーが出来ました。

いつもの場所もクリスマス仕様に

キッチンや食卓の上もクリスマスを意識して、ちょっとした小物をプラス。小さなツリーや飾りがあるだけで、おうちの中のクリスマスムードがぐっと高まります。

PICK UP ITEMS メソッド ディッシュソープ

メソッド ディッシュソープ

やわらかくきめ細やかな泡立ちと、ココナッツオイル由来の洗浄成分で、油汚れまですっきりキレイに落とす「メソッド ディッシュソープ」。プッシュして洗剤を出す簡単・ユニークなポンプボトルは、キッチンに置いてもおしゃれに決まるスタイリッシュなデザイン。色と香りはシーミネラルズをはじめ、レモンミント、ライムシーソルト、クレメンタインの4種類から選べ、クリスマスシーズンの楽しく華やいだ気持ちをさらに明るく彩ります。

美的生活のススメ

おうちでハッピークリスマス

おうちでハッピークリスマス
クリスマス気分を一気に盛り上げてくれるクリスマスツリー。でもおうちの中にツリーをどーんと置くのは場所をとるし、大げさな飾り付けは我が家の雰囲気にそぐわない。そんな思いを持つ方のために、今回はDIYクリスマスツリーのアイデアをご紹介します。
インテリアスタイリスト 村上 直子 整理収納アドバイザー1級。整理収納のナビゲーターとして住まいの悩みをコンサルティングする傍ら、すっきりとして美しい“魅せる収納”を雑誌等で提案。自宅での「お家サロン」も定期的に開催している。

手作りツリーから準備スタート!12月に入ったら気分はもうクリスマス。おうちの中もクリスマスの飾り付けを少しずつ始めて、ムードを盛り上げていきましょう。そこでまず準備したいのがクリスマスツリー!市販のツリーも良いけれど、自分らしいセンスを加えて手作りしたものはもっと素敵。ここではぜひ参考にしたい、インテリアスタイリスト村上直子さんによるアレンジをお届けします。

大人っぽくも可愛らしくも自由に アレンジ枝ツリー

手作りツリーの中でも人気の高いのが枝ツリー。公園や街路樹の下、庭で拾った木の枝があれば、簡単にナチュラルテイストのクリスマスツリーが作れます。枝は細すぎず太すぎず、1本で先が幾つも枝分かれしているものを選ぶのがポイント。持ち帰ったら良く洗い、しっかり乾かしてから使いましょう。あとはバランスを見ながら、お気に入りのオーナメントを飾り付けるだけ。「今回は自然な枝ぶりを生かしながら、あまり多くの色を使わずシックなイメージで構成してみました。横に人形などのクリスマス小物を一緒に飾ると、より雰囲気が出るのでおすすめです」。

オーナメントを吊るせばツリーに変身 ラダーシェルフ

村上さんが日頃から、インテリア小物として愛用しているラダーシェルフ。その形状と木目を生かして、ツリー風の飾り付けを施してみました。こちらのオーナメントは、枝ツリーに使ったものより重さとボリューム感のあるものが中心。バランスを見ながら高低差をつけて飾り付けるのがポイントです。「脚元には白いムートンを敷いて、雪のイメージとウォーム感を加えてみました」。廊下や玄関先などどこにでも飾れ、スペースをとらないのも魅力です。

壁を使って描くようにデコレーション ウォールツリー

ツリーを置く場所に困るときは、壁面を活用するのもひとつのアイデア。オーナメントやマスキングテープ、ポストカードなどを壁に貼り付け、もみの木のフォルムを象るだけでOK。サイズも自在、身長ほどの大きなクリスマスツリーも作れます。村上さんは今回、今年家族の一員となった愛猫ココちゃんの写真を使用。眺めるたびにその可愛さに心癒される、世界にひとつだけのツリーが出来ました。

いつもの場所もクリスマス仕様に

キッチンや食卓の上もクリスマスを意識して、ちょっとした小物をプラス。小さなツリーや飾りがあるだけで、おうちの中のクリスマスムードがぐっと高まります。

PICK UP ITEMS メソッド ディッシュソープ

メソッド ディッシュソープ

やわらかくきめ細やかな泡立ちと、ココナッツオイル由来の洗浄成分で、油汚れまですっきりキレイに落とす「メソッド ディッシュソープ」。プッシュして洗剤を出す簡単・ユニークなポンプボトルは、キッチンに置いてもおしゃれに決まるスタイリッシュなデザイン。色と香りはシーミネラルズをはじめ、レモンミント、ライムシーソルト、クレメンタインの4種類から選べ、クリスマスシーズンの楽しく華やいだ気持ちをさらに明るく彩ります。

【こちらの記事もオススメ】

ページの先頭へ