Johnson A Family Company

美的生活のススメ

ラクして時短!食器洗いのコツ

嫌いな家事ランキングの中で上位にのぼることの多い食器洗い。特にのんびり過ごしたい夕食後は、なかなか気がのらないものです。かといって汚れものが残っていると落ち着かないし、ここはさっさと終わらせてしまうのが得策。「やりたくない!」を少しでもラクにする、食器洗いのコツをご紹介します。

食器洗いは段取りとコツを掴んで効率よく!

食器洗いは誰に習わなくても出来るもの。でも、工夫すべきところは工夫して、なるべく手早く済ませたいですね。そのためにまず必要となるのが最初の仕分け。食器洗いを効率よくするためには、汚れものを下げる段階から準備が必要です。シンクや調理台に食器を無造作に運ぶのではなく、グラス類、油汚れの少ない食器類、油汚れの多い食器類などに分け、グループ別にまとめて下げるのが時短の一歩。仕分けができたら、汚れの前処理をしてから洗いましょう。一見面倒なようですが、この手間を加えるとラクにスピーディに終わらせることができます。
食器洗い

洗い物にも下ごしらえが大切

汚れたままの食器を重ねない 食器洗いは誰に習わなくても出来るもの。でも、工夫すべきところは工夫して、なるべく手早く済ませたいですね。そのためにまず必要となるのが最初の仕分け。食器洗いを効率よくするためには、汚れものを下げる段階から準備が必要です。シンクや調理台に食器を無造作に運ぶのではなく、グラス類、油汚れの少ない食器類、油汚れの多い食器類などに分け、グループ別にまとめて下げるのが時短の一歩。仕分けができたら、汚れの前処理をしてから洗いましょう。一見面倒なようですが、この手間を加えるとラクにスピーディに終わらせることができます。
ひどい汚れは前処理を 油などの汚れは、先に拭き取っておくと後の仕事がスムーズ。紙やゴムベラの他、家にある古いタオルや着古したTシャツをカットした布を利用するのもおすすめです。この使い捨て雑巾は“ウエス”と呼ばれ、要らなくなった布を好きな大きさに切るだけでOK。キッチンに常備しておき、油汚れを拭き取った後はゴミとして捨てれば、シンクや配管の汚れも抑えられます。
固まる汚れはつけておく 茶碗に付いたごはん粒など、乾くと落としにくくなる汚れは水につけてふやかしておきます。鍋にこびりついた汚れも先に水を張っておくと落としやすくなります。
食器洗い
食器洗い

準備ができたら食器洗いスタート!

洗う手順を守る 食器類は汚れの少ないものから洗うのが鉄則。いちばん先に壊れやすく汚れが少ないガラスのコップから始め、あとは油汚れの少ないものから多いものの順に沿って洗います。
スポンジを正しく使う 固い面とやわらかい面の、二層構造になっていることが多いキッチンスポンジ。このタイプのスポンジは固い面に洗剤を付け、やわらかい面をもんで泡立て、固い面で洗うのが正しい基本の使い方。また、固い面には研磨剤入りと無しの2種類があり、研磨剤入りはしつこい汚れをかきとるには効果的ですが、傷つきやすいグラスなどを洗うには注意が必要です。
まとめて洗ってすすぐ ひとつひとつ洗って、そのつどすすぐのではなく、ある程度まとめて洗ってからすすぎましょう。グラスならグラスだけ、次は汚れの少ないものだけと、仕分けのグループ別に洗ってすすぐのも方法。
食器洗い

食器用洗剤を選ぶなら、色や香りが楽しめ、手肌にやさしい洗剤がおすすめ!

毎日の食器洗いに欠かせない食器用洗剤。洗浄力や泡立ち、泡切れなどの使い勝手はもちろん、香りやボトルデザインを楽しめるものならもっと良いですよね。「エコベール 食器用洗剤」は、植物由来成分の地球にも手肌にもやさしい洗剤。食器汚れをすっきり落とすだけでなく、選べる香りで気分を明るくしてくれます。
エコベール 食器用洗剤

エコベール 食器用洗剤

ヨーロッパを中心に世界中で愛されているブランド、エコベール。洗浄成分は敏感肌にも使える植物由来で、手肌にやさしいのが特長。サトウキビ・バーム・ヤシ・ナタネなどの植物油は、汚れもしっかり落とします。香りはレモン、カモミール、リリー&ロータス、ザクロの4種類。また、香料まで無添加にこだわったエコベール食器用洗剤ゼロは無香料・無着色なので肌への刺激が少なく、敏感肌の方におすすめです。
美的生活のススメ

ラクして時短!食器洗いのコツ

嫌いな家事ランキングの中で上位にのぼることの多い食器洗い。特にのんびり過ごしたい夕食後は、なかなか気がのらないものです。かといって汚れものが残っていると落ち着かないし、ここはさっさと終わらせてしまうのが得策。「やりたくない!」を少しでもラクにする、食器洗いのコツをご紹介します。

食器洗いは段取りとコツを掴んで効率よく!

食器洗いは誰に習わなくても出来るもの。でも、工夫すべきところは工夫して、なるべく手早く済ませたいですね。そのためにまず必要となるのが最初の仕分け。食器洗いを効率よくするためには、汚れものを下げる段階から準備が必要です。シンクや調理台に食器を無造作に運ぶのではなく、グラス類、油汚れの少ない食器類、油汚れの多い食器類などに分け、グループ別にまとめて下げるのが時短の一歩。仕分けができたら、汚れの前処理をしてから洗いましょう。一見面倒なようですが、この手間を加えるとラクにスピーディに終わらせることができます。
食器洗い

洗い物にも下ごしらえが大切

汚れたままの食器を重ねない 食器洗いは誰に習わなくても出来るもの。でも、工夫すべきところは工夫して、なるべく手早く済ませたいですね。そのためにまず必要となるのが最初の仕分け。食器洗いを効率よくするためには、汚れものを下げる段階から準備が必要です。シンクや調理台に食器を無造作に運ぶのではなく、グラス類、油汚れの少ない食器類、油汚れの多い食器類などに分け、グループ別にまとめて下げるのが時短の一歩。仕分けができたら、汚れの前処理をしてから洗いましょう。一見面倒なようですが、この手間を加えるとラクにスピーディに終わらせることができます。
ひどい汚れは前処理を 油などの汚れは、先に拭き取っておくと後の仕事がスムーズ。紙やゴムベラの他、家にある古いタオルや着古したTシャツをカットした布を利用するのもおすすめです。この使い捨て雑巾は“ウエス”と呼ばれ、要らなくなった布を好きな大きさに切るだけでOK。キッチンに常備しておき、油汚れを拭き取った後はゴミとして捨てれば、シンクや配管の汚れも抑えられます。
固まる汚れはつけておく 茶碗に付いたごはん粒など、乾くと落としにくくなる汚れは水につけてふやかしておきます。鍋にこびりついた汚れも先に水を張っておくと落としやすくなります。

準備ができたら食器洗いスタート!

洗う手順を守る 食器類は汚れの少ないものから洗うのが鉄則。いちばん先に壊れやすく汚れが少ないガラスのコップから始め、あとは油汚れの少ないものから多いものの順に沿って洗います。
スポンジを正しく使う 固い面とやわらかい面の、二層構造になっていることが多いキッチンスポンジ。このタイプのスポンジは固い面に洗剤を付け、やわらかい面をもんで泡立て、固い面で洗うのが正しい基本の使い方。また、固い面には研磨剤入りと無しの2種類があり、研磨剤入りはしつこい汚れをかきとるには効果的ですが、傷つきやすいグラスなどを洗うには注意が必要です。
まとめて洗ってすすぐ ひとつひとつ洗って、そのつどすすぐのではなく、ある程度まとめて洗ってからすすぎましょう。グラスならグラスだけ、次は汚れの少ないものだけと、仕分けのグループ別に洗ってすすぐのも方法。

食器用洗剤を選ぶなら、色や香りが楽しめ、手肌にやさしい洗剤がおすすめ!

毎日の食器洗いに欠かせない食器用洗剤。洗浄力や泡立ち、泡切れなどの使い勝手はもちろん、香りやボトルデザインを楽しめるものならもっと良いですよね。「エコベール 食器用洗剤」は、植物由来成分の地球にも手肌にもやさしい洗剤。食器汚れをすっきり落とすだけでなく、選べる香りで気分を明るくしてくれます。
エコベール 食器用洗剤 ヨーロッパを中心に世界中で愛されているブランド、エコベール。洗浄成分は敏感肌にも使える植物由来で、手肌にやさしいのが特長。サトウキビ・バーム・ヤシ・ナタネなどの植物油は、汚れもしっかり落とします。香りはレモン、カモミール、リリー&ロータス、ザクロの4種類。また、香料まで無添加にこだわったエコベール食器用洗剤ゼロは無香料・無着色なので肌への刺激が少なく、敏感肌の方におすすめです。

【こちらの記事もオススメ】

ページの先頭へ